千葉県成田市ウィング土屋24 イオンモール成田2F  TEL 0476-22-2112

    

糖尿病の管理目標について

管理不良の糖尿病は、

・白内障

・糖尿病黄斑浮腫

・糖尿病網膜症→増殖糖尿病網膜症

を起こし、見えなくなります。

白内障であれば、手術で解決出来ます。
手術を考える頃には、普通運転免許は通らないことがほとんどです。
しかし、糖尿病の状態が悪過ぎる場合、手術はしません。
糖尿病の状態改善を優先します。

糖尿病黄斑浮腫については、注射やレーザーなどの治療はありますが、
完全に正常な網膜構造に戻ることは少なく、改善と悪化を繰り返し、
最終的には歪み、見えにくさは、どんなに治療をしても続くことになります。
両眼視が厳しくなってくるので、大型自動車免許は通らなくなってきます。

糖尿病網膜症で、硬性白斑が黄斑部に直撃すれば、全然見えなくなります。
治療法はありません。
良好な糖尿病の状態を維持し、運が良ければ消退、消失するかもしれませんが、
何年も時間が掛かります。

増殖糖尿病網膜症は、
硝子体出血を起こし、突然全く見えなくなる、再び見えてくる、
を繰り返し、最終的には増殖膜が網膜の上に張って、何も見えなくなります。
硝子体手術で増殖膜を剥がしても、大して見えるようにはなりません。
運転免許は当然無理、日常生活も困難になってきます。

早く、白内障の手術をするためにも、
糖尿病黄斑浮腫、糖尿病網膜症、増殖糖尿病網膜症を起こさないようにも、
結局は、糖尿病を良い状態に管理することが、最も必要なことです。

管理目標は、
・白内障手術には、HbA1c<8%
・良い網膜のためには、HbA1c<7%
・ベストは、HbA1c<6.5%
です。

もちろん、昨日、今日、血糖値が高いからといって、
すぐには、白内障、糖尿病網膜症は出ません。
5年、10年以上掛けて、知らないうちに徐々に出ます。

白内障の手術をしたい、
糖尿病網膜症で見えなくなりたくない、
そのためには、糖尿病を良い状態にしておいて下さい。
白内障が進んで、見えなくなって慌てて手術をしたくなっても、
糖尿病の状態が悪ければ、手術は出来ませんので、
数ヶ月は糖尿病の状態改善に時間が必要です。
その間、その後も、次から次へと糖尿病網膜症も出て、見えなくなっていきます。

では、何をしたら、糖尿病の状態を改善出来るのでしょうか。

何かをしたら良くなる、その考え自体が間違いなのです。

結局、血糖値を上げるものを、いつかは食べたり、飲んだりしているから、
糖尿病の状態が悪いのです。

血糖を上げるものを極力食べない、飲まない、これしか、方法はありません。
何かを食べたり、飲んで、糖尿病が良くなるなんて、ありません。

食べて健康にはなりません。
食べないことが健康への近道です。

炭水化物(ご飯、パン、うどん、ラーメン、そば、スパゲッティ、ピザ)、
糖分(ハチミツ、干し芋、甘酢漬け、ジュース、栄養ドリンク、みりん)
果物(バナナ、リンゴ、ミカン、ブドウ、メロン、スイカ、パイナップル、イチゴ)
炭水化物を多く含む野菜(じゃがいも、さつまいも、さといも、トウモロコシ、タマネギ、
レンコン、ニンジン、ゴボウ、トマト、ミニトマト、赤ピーマン)
お菓子(ポテトチップス、フライドポテト、ようかん、まんじゅう、せんべい)
酒(ビール、日本酒、梅酒、焼酎、ウィスキー、ブランデー、ウォッカ、カクテル類)
サプリメント(ブルーベリー、ビルベリー、アサイベリー、酵素)
を極力食べない、飲まないことです。

いくら運動しても、
糖尿病用の薬を飲んでも、
インスリン注射をしても、
これらを食べたり、飲んだりしては、糖尿病は良くなりません。

調理法も注意が必要です。
特に、煮物は危険です。
じゃがいも、さつまいも、さといも、レンコン、タマネギ、ニンジン、ゴボウなどの
根菜類自体が血糖値を上げること、
砂糖、みりん、ハチミツ、ガムシロップ、めんつゆなどを使って
甘い味付けにすることも血糖値を上げます。
一般的な煮物は、糖尿病の人にとって全くヘルシーではありません。
糖尿病を悪くして体を壊しているだけです。

肉、魚、卵、エビ、タコ、イカ、
大根、小松菜、ほうれん草、きのこ、こんにゃくなどを、
かつお、昆布出汁に、塩や醤油、味噌で薄めに味付けした煮物であれば、
糖尿病の人にも望ましいものになります。

栄養ドリンクは、ぶどう糖果糖液糖が多量に入っています。
見た目透明で水みたいだけど、甘い飲み物にもぶどう糖果糖液糖が多量に入っています。
糖尿病の人は、普段は飲んではいけません。
血糖値70 mg/dl以下を計測した場合にのみ、低血糖の改善には使えますが、
低血糖になりそうだから、低血糖予防に、などと飲んではいけません。

糖類、カロリーゼロの人工甘味料のコーラなどの飲み物は、肥満の原因になります。
肥満になれば、インスリンの効きが悪くなるので、糖尿病は悪くなります。
人工甘味料が入った飲み物は止めましょう。
甘くもなく何も味がしない、香りがするだけの炭酸水なら飲んでも良いと思います。

下の絵にあるバナナ、トマト、リンゴ、ニンジン、イチジク、イチゴ、キウイ、スイカ、
赤ピーマン、タマネギ、これらは全部血糖値を上げます。
しかも、干して乾燥したもの、缶詰、砂糖漬けは、
生より数倍〜10倍以上血糖値を上げます。
物凄く危ない食べ物です。

テレビで体に良いと言っていたから、バナナを毎日食べている、
眼に良いというので、ブルーベリーのサプリメントを飲んでいる、
体のためにトマトジュースを飲んでいる、
体のために野菜ジュースを飲んでいる、
体のために青汁を飲んでいる、
タマネギは血をサラサラにして体に良いからと、よく食べている、など
良く聞く話です。

全て、糖尿病の人にとっては、血糖値を上げるので眼にも体にも悪いです。
それらを止めるだけでも、血糖値、HbA1cは改善すると思います。

果物、野菜は、血糖値の上昇が緩やかだとか、
食事の前にトマトジュースを飲んだ方が血糖値の上昇が緩やかだとか、
テレビや通販番組で言うかもしれません。
そんなもの、食べない、飲まない方が、血糖値は上がりません。

ラジオコマーシャルで、眼科で白内障と言われたけど、
アサイベリーのサプリメントを飲んでみたら、
見え方スッキリしてきて、眼科で白内障は様子見て良いと言われた!
なんて聞いたことがありますが、
サプリメントなんて超大嘘、嘘ばっかりです。

他にも、ルテインやゼアキサンチンのサプリメントを飲んでも、
糖尿病は良くならないし、
白内障は良くならないし、予防にもならないし、
糖尿病網膜症も良くならないし、予防にもならないので、
お金を無駄にするだけでなく、
糖尿病を悪くして、白内障も糖尿病網膜症も悪くする可能性があります。

年齢と共に体の中の酵素が少なくなってくるから、
ブルーベリーが入った酵素補充とかいう意味不明な飲み物とか、
薬用〇〇酒とか、添加物として、みりん、アルコール、液状ブドウ糖が入ってますから、
ちっとも眼、体のためになりませんし、糖尿病を悪くしますので、止めましょう。

肉、魚、卵、海藻、チーズ、こんにゃく、
キャベツ、レタス、ブロッコリー、小松菜、ほうれん草、もやし、きのこ、アボカド、
これらであれば、血糖値上昇は少ないです。
だからと言って、これらをたくさん食べても血糖値が下がる訳は無いですし、
食塩、油脂摂取過多になれば、血圧上昇、肥満の原因になります。
上記のおかずを上手に使って、ご飯を内科で言われた量にして、
炭水化物の摂取量を少なくすることが目的です。

たくさん野菜を食べれば良い、は間違いです。
野菜をたくさん食べても、血糖値上昇はキャンセルされません。

そして、間食を一切しないことです。

最初は辛く感じるかもしれません。
でも、糖尿病は一生続くことが多く、
ちょっと頑張って終わり、では意味がありません。
継続して良い状態を維持しなければ意味が無いです。

食べたり、飲んだりする前に、
この食べ物、飲み物は血糖値を本当に上げるリスクが無いのか、
良く考え、調べ、食事をしましょう。
HOME診察日時院長紹介院内紹介アクセス手術音声説明
アジサイ眼科の由来代診日院長ブログオルソケラトロジー新規受付中止について
日帰り手術について手術実績手術動画白内障について糖尿病の管理目標について
翼状片について結膜弛緩症について眼瞼下垂について眼瞼内反について
lowertop