千葉県成田市ウィング土屋24 イオンモール成田2F  TEL 0476-22-2112



    
    
  
眼瞼下垂

先天性、加齢、外傷、神経疾患、内眼手術後などにより、
まぶたが下がり、
まぶたを上げようとしても上がらない、
手などで、まぶたを上げれば見えるのに!という状態です。

眼球自体は問題なくても、
まぶたが下がってくると上の方から視野が欠けた状態となります。

瞳孔の中心と上まぶたの縁の距離(MRD)を目安にしますが、
2oで30%の上方視野欠損、
1oで40%の上方視野欠損、
0oで60%以上の視野欠損が言われています。

眼瞼下垂の原因、程度により治療は変わってくるため、
必ずしも、眼瞼下垂=手術という訳ではありません。

drooping_eyelid_1

手術の適応の場合、
手術により、まぶたを持ち上げることにより、
軽くまぶたが開き、視野が広く感じるようになります。

*手術後は、1〜2週間程度のまぶたの腫れ、皮下出血を伴います。
腫れも出血も徐々に吸収され、淡くなり消えていきます。

*急な眼瞼下垂は、内科、脳神経疾患が原因で起こることがあり、
まずは原疾患の検索と治療が最優先となります。
手術は焦らず、原疾患の治療が落ち着いてからの検討となります。

*他院で眼瞼下垂、手術の適応など、説明を受けた場合でも、
他院とは、判断が異なる場合があります。

*美容目的の手術には応じておりません。

HOME診察日時院長紹介院内紹介アクセス手術音声説明
アジサイ眼科の由来代診日院長ブログオルソケラトロジー新規受付中止について
日帰り手術について手術実績手術動画白内障について糖尿病の管理目標について
翼状片について結膜弛緩症について眼瞼下垂について眼瞼内反について
lowertop