千葉県成田市ウィング土屋24 イオンモール成田2F  TEL 0476-22-2112

    
アジサイ眼科での花粉症対応について

・目をこすらない、触らないこと

・花粉が入らないようにすること

この2つが大事です。
特に、コンタクトレンズ(以下コンタクト)は花粉を吸着します。
花粉が付いたコンタクトが目や、眼瞼の裏をこすります。
花粉症症状があるのに、コンタクトを使っていたら、
余計に花粉症症状は悪化します。

普通の眼鏡を掛けるだけで、眼鏡がガードになり、
目に花粉が入らないようになります。

もちろん、帽子をかぶり、ゴーグルのような保護メガネの方が更に有効です。
花粉が目に入らないことにより、花粉症症状がおさまれば、薬は要りません。

そもそもコンタクトを使うことは、目にとって何も良いことが無く、悪いことしか起きません。

コンタクトを使っているだけで、目が充血します。

コンタクトを使っているだけで、目が痛くなります。

コンタクトを使っているだけで、目がかゆくなります。

コンタクトを使っているだけで、メヤニが出ます。

コンタクトを使っているだけで、目や、眼瞼の裏に傷を作り、
アレルギーや感染を起こすからです。

全て、コンタクトを中止しないと、何をやっても良くなりません。

そのため、アジサイ眼科では、コンタクトを使いながら
点眼や、内服をしても、花粉症は解決出来ないと考えます。

(抗アレルギー内服薬は、眼症状に対し保険適用外のためアジサイ眼科では出ません。
希望の場合は耳鼻科を受診するか、OTCを薬局で購入して下さい。)

アジサイ眼科での花粉症対策は、

まず、コンタクトをしないこと。

部活や仕事でコンタクトが必要だからと言われても、こちらとして言うことは変わりません。

以上、ご理解下さいますよう、宜しくお願い致します。


HOME診察日時のご案内院長のご紹介院内のご案内アクセス手術
アジサイ眼科の由来代診日のご案内院長ブログオルソケラトロジー新規受付中止について
日帰り手術について手術実績手術動画白内障について
翼状片について結膜弛緩症について眼瞼下垂について眼瞼内反について
lowertop